認知症患者に対するリハビリテーションの戦略を試みることで症状を軽減安定|認知症リハビリTOWN

あなたにおすすめする認知症の情報 40 件 を掲載中!!

認知症にリハビリ対策

認知症は、殆どが高齢者の病気です。

中にはアルツハイマー型などの認知症は、若年性も多いので、もともと家族にいた場合であれば、

遺伝性が強いと言われるため、ご自身でも日頃からの注意が必要です。

この場合は早期発見がカギを握ります。

他の脳障害における病気の後遺症もあります。

何れにしろ、家族が認知症が診断されたとき、告知された時の進行状態にもあるとは思いますが、

リハビリはどの段階からするものなのでしょうか?

まだ、進行していない状態では、相手にリハビリを促すのも、

言い方によっては傷つけてしまう恐れがあるのでデリケートな問題となってきます。

認知症となった家族の性格にもよりますが…

まず、リハビリの目的は如何にして症状を軽減したり、進行を和らげることになります。

最近は、高齢化社会を目の当たりにした、認知症への認識が高くなり、テレビなどでも、

良く取り上げられています。

そのため、早期発見にも繋がっています。

これは、進行してから気づくのと、早期の段階で気付くのでは、回復力も変わり、

軽度の状態で安定させるのとある程度症状が進んでからとでは違うからです。

そして、リハビリや介護をしていく上で最も重要なのが、認知症患者の家族である。

生活の大きな変化を強いられる上に、肉体的な負担や精神的負担、経済的負担、

自責の念などが考えられるので、どこか逃げ場が必要になる。

認知症は、接し方1つで進行度合いが変わっていきます。

記憶障害や判断力が低下してしまうと、自分の病気の自覚もなくなるため厄介である。

このような場合、自覚がないため自ら回復を目指したリハビリを行うのが難しくなります。

そこで、家族は認知症を良く理解し、正しい知識と適切な環境で接しなければなりません。

福祉制度や社会資源を理解し利用することで、家族の負担や患者の負担軽減に繋がる場合もあります。

あらゆる病気は、自覚症状が出た段階は殆どが末期と言われます。

高齢者のいる家庭はいつ、自分の家族が認知症になり得るかもしれません。

そうなる前に認知症 予防を心がけ、食生活や運動、頭の体操などを取り入れ

健康的な生活を送るようにしましょう。

カテゴリー別最新情報

認知症のリハビリ法

小林唯一神さんは妖怪体操でリハビリをしています

2015年6月22日

小林唯一神さんがリハビリを始めた理由       昔はクラスのアイドルでした。その美...

読む

認知症の予防方法

武彦さんの予防紹介:脳の混乱

2015年3月9日

武彦さんが予防をしようと思ったきっかけ あるあさ、テレビで認知症の特集をやって...

読む

運動による予防方法

松本真樹さんの運動の予防紹介:ジョギング

2015年6月23日

松本真樹さんが運動で予防をしようと思ったきっかけ 自分の体の老いに感づきました...

読む

認知症豆知識

認知症において役に立つ豆知識、認知症にはビタミンEが効くを紹介

2015年5月14日

認知症にはビタミンEが効くとは 認知症にビタミンEが効く事が判明しました。ビタミ...

読む

Copyright © 2016 認知症リハビリTOWN All Rights Reserved.